生活全般 節約術 レビュー記事

auひかりをビス止め不可の賃貸物件で契約する方法!実際の写真付で紹介

家の光回線を『auひかり』にしたい!と思って手続きを進めようとしたら

「ケーブルを固定しないといけないので、壁に穴をあけるビス止めが必要となるんですが、ビス止めしても大丈夫ですか?」

といわれて、賃貸物件に住んでいる人や大事な外壁に穴なんかあけたくない人は、

「どうしよう?ビス止めなんか無理。『auひかり』は諦めるしかないのか…」

なんて思っていませんか?

でも、大丈夫です!

賃貸物件の管理会社に、「ビス止めなんかダメです。穴開け不可です」
といわれた部屋に、無事に『auひかり』をひいた方法を写真付きでご紹介しますね!

『auひかり』を諦めるようとしている方は、ぜひチェックしてしてください!
結構な比率で、ビス止めせずに、『auひかり』を引くことができますよ。

この記事では、
【auひかりをビス止め不可の賃貸物件で契約する方法!実際の写真付で紹介】
と題しましてお届けします!

『auひかり』は凄いらしい…

私は、正直なところ光回線は、どこがいいとか、速いとか全然わかりません(;'∀')

でも、私の息子が大学生になって一人暮らしする時、大学で動画編集高画質なデータをダウンロードすることもあるので、いろいろ光回線を調べたらしく、

 

息子

Wi-Fiじゃあ絶対にダメで、独自回線で超高速の『auひかり』を下宿先(賃貸物件)に引く!

というのです。

ここで、私が『auひかり』のことを説明しても、仕方ないので…

あとで、『auひかり』の説明サイトを貼るのでそこで確認してみてくださいね。

とにかく、息子は5ギガ(10ギガ)が使いたいみたいでした。

 

auひかりをビス止め不可の賃貸物件に設置できた流れ

『auひかり』を契約するまでの経緯と流れがこちらです。
(注:あくまでも、私の息子の場合です)

『auひかり』を引くのに注意事項や確認するようにいわれたこと

  1. 『auひかり』が使用できる住所かどうか
  2. 外壁にケーブルを引いて固定するので、ビス止めを伴う配線工事が必要になる。賃貸なら家主か管理会社に許可を取ること
  3. 屋内にケーブルを引き込んで、屋内でケーブルを固定する必要がある場合にビスを使用してもいいのか賃貸なら家主か管理会社に許可を取ること

 

1に関しては、申し込みの時に住所で確認してくれました!

2は、賃貸なので管理会社に電話して「ビス止めOK」か質問すると「絶対に外壁に穴を開けることはダメ」との返事でした。

3も、「ビス止め不可」の返事。

私はここで、「もう『auひかり』は無理でしょう?」

って息子に行ったんだけど、息子はどうしても高速の『auひかり』が諦められないみたいで、ネットでいろいろググっていました。

 

息子が『auひかり』に再度電話して、何とかする方法がないか聞いてみると、

auひかりの担当者

現場の状況を見ないと何とも言えませんが、電線からケーブルを引くので、ケーブルを固定することは絶対にしないといけないです!

室内に関しては、ビス止めしない方法も多少ありますので、当日相談してみてください。

だって。

 

息子

とりあえず、『auひかり』は諦めたくないから、工事に来てもらう!

現場をみたら、何とかなるかもしれないし・・・

と往生際が悪いこと。

『auひかり』の工事に来てもらって契約できなくても工事代金は無料!

じゃあ、とりあえず『auひかり』の工事を頼んでみたら?

といった後に

ビス止め不可なのに、工事に来てもらって契約出来なかったら、工事費請求されるんじゃあない?

と不安になったんです。

で、念のために『auひかり』に電話して、
「工事に来てもらって、ケーブル設置ができなくて契約できなかった場合、工事費を請求されたりしませんか?」

と聞くと、

『auひかり』の返事

『auひかり』の料金が発生するのは、工事完了した時点からなので、工事ができなくても工事費(出張費)をいただくことはありませんのでご安心ください。

 

ひとまず、無駄にお金を請求されないようなので、ダメ元で工事に来てもらいました。



auひかりをビス止めせずに設置した実際の写真

実際に息子の「ビス止め不可の賃貸」にどうやって設置したのか、写真を載せておきますね。

工事の方がまず、ベランダをみて、「ベランダの手すり部分にケーブルを固定してもいいですか?」と質問されたので、「はい、いいです!」と答えると、アパートの前を通っている電線から、ベランダに直接ケーブルを持ってきて、ビニールテープのようなもので固定したのがこちら。

ベランダの端っこ部分なので、邪魔にもなりません。

ケーブルは、エアコンの既存の穴を使って引き込んでいました。
黒い線がケーブルです。

室内では、ケーブルをそのまま垂らした状態で使う事にしました。

負荷をかけなければ問題なく使用できます!

息子の場合、そのままにしましたが、両面テープで固定したり配線隠しをつかってもOKだと思います。

 

『auひかり』の工事の人は何とかしてくれる!

工事の人に来てもらう前は、
「ビス止めできないのに大丈夫かな」
って心配していましたが、

 

工事の人

ビス止め不可ってきいているんですけど…
じゃあ、ベランダの手すりに固定してもいいですか?

エアコンの穴を使って室内に引き込みして、室内では、垂らした状態で使う形で大丈夫ですか?

と予想以上に、ビス止め不可でも簡単に設置してくれました。

きっと、いろんな現場で、設置してきたノウハウがあるんでしょうね。

だから、賃貸でも外壁に穴を開けたくない持ち家でも、ひとまず工事に来てもらえば、何とかしてくれるとおもいました。

\世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!/

auひかりを詳しく見てみる>>>

※ビス止め不可の賃貸でもできた!!

 

まとめ

【auひかりをビス止め不可の賃貸物件で契約する方法!実際の写真付で紹介】ということでお届けしました!

実際にビス止め不可の賃貸物件にauひかりを契約した実際の写真もお見せしました。
auひかりを諦めるのは、まだ早いです!

とりあえず、申し込みして、お家の状態を確認してもらえば何とかなるかもしれませんよ!

参考になれば幸いです。

-生活全般, 節約術, レビュー記事
-

Copyright© まちだスタイル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.