学ぶ・子育て

町田市市民農園の応募方法!料金・広さ・デメリットと次回募集も!

町田市市民農園

町田市には、市が管理して貸し出している農園(畑)があります。

町田市民であれば、町田市市民農園に応募することができます。

この記事の内容

  • 町田市市民農園の3つの場所
  • 町田市市民農園の応募方法
  • 町田市市民農園の料金・広さ
  • 町田市市民農園のデメリット
  • 次回募集の時期

町田市民の人で、野菜作りをはじめてみようと思って、市民農園に募集してみようかと思っている人は、参考にしてください。

町田市市民農園とは

市民農園

町田市民農園は、町田市が土地の所有者から土地(農地)を借りて、農園として整備します。

その農園を町田市民に農業体験をしてもらうための施設として貸し出すものです。

 

町田市の市民農園は3カ所

町田市にある市民農園は、2021年11月時点で3カ所です。

町田市市民農園

名称住所(場所)区画数
(広さ)
設備関係
金森市民農園町田市金森東2-101743区画(30平方メートル)
6区画(20平方メートル)
水道、農具庫
トイレ、休憩室
忠生市民農園町田市木曽西2-2-658区画(30平方メートル)水道、農具庫
トイレ、ベンチ
三輪緑山市民農園町田市三輪緑山4-15-535区画(30平方メートル)
10区画(20平方メートル)
水道、農具庫

 

全区画数は、43+6+58+35+10=152

区画ごとに借りるので、借りられるのも、152人。
町田市の人口から考えると、なかなか高い倍率なんじゃあないかな?

※以前は、町田市の市民農園は、鶴間や成瀬にもあったようですが、町田市のホームページを見てみると今は、3つだけになってしまったようです。

 

料金(使用料)と1区画の広さ

料金(使用料)は、1平方メートルあたり月額65円の計算になります。

区画は、20平方メートル区画30平方メートル区画の2種類

 

広さ(1区画)月額使用料金1年間の使用料利用期間の
2年11ヶ月の合計
20平方メートル区画¥1,300¥15,600¥45,500
30平方メートル区画¥1,950¥23,400¥68,250

利用期間は、2年11ヶ月
※利用期間内であっても、市や土地所有者の方の都合により農園を休止・廃止し、利用承認が取り消しとなる場合があります。

 

町田市市民農園の応募方法

町田市の市民農園周辺に、募集方法とかは、全く貼りだされていません。

いつ、どうやって応募したらいいのか全然知らないんだけど…

 

それもそのはず、3年に一回、募集の年の1月の『広報まちだ』と『町田市のホームページ』で募集のお知らせをしていたんです。

 

次回募集予定

3年に1回の募集なので、タイミングを逃さないように注意が必要です!

<次の募集>

2024年1月

 

応募者多数の場合は、抽選で当選利用者・補欠当選利用者を決定するんだそうです。

臨時で募集する場合は、町田市のホームページでのみ案内されます。

町田市市民農園のデメリット

町田市市民農園のことをいろいろ調べると、1か月1,300円という安さで、家庭菜園・農業体験ができるという良さはありますが、注意すべきデメリットもあるように感じました。

市民農園のデメリット

  • 駐車場がない
  • 募集が3年に1回なので、始めたい時に始められない
  • 3年以上の継続が難しい
  • 農作業の指導がない
  • 三輪緑山市民農園には、トイレがない
  • 道具はすべて自分で購入しないといけない
  • そもそも数が少ないので、当選確率が低い

 

 

まとめ

【町田市市民農園の応募方法!料金・広さ・デメリットと次回募集も!】ということでお届けしました!

  • 町田市市民農園の応募方法は、広報まちだやホームページで募集
  • 料金は1平方メートルあたり月額65円
  • 広さは、20と30平方メートル区画の2種
  • 次回募集は、2024年の1月

野菜作りの経験は、子供も大人にとっても素敵なことだと思うので、どういった形でもいいですが、チャレンジしてみてはいかがですか?

-学ぶ・子育て
-, ,

Copyright© まちだスタイル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.